首都圏住宅コープの家づくり

注文住宅

住宅は「ハンドメイド」 だからこそ、木と職人にこだわり続けます

建物は工業製品と違い全て職人の『手作業』によってつくられます。また、素材には『木』という自然の生物が使用され、その善し悪しで建物のできばえも変わります。つまり建物は作り手の『技』と『素材』の融合でつくり出される、ハンドメイド製品です。だからこそ私たちは、木と職人にこだわり続けています。

素材へのこだわり

素材へのこだわり

一般的に、柱に製材される檜は『樹齢50年程度』がほとんどで、気候が温暖な九州産檜の場合は、成長が早いため樹齢30年程度で製材されます。
しかし、私たちが採用している『東濃檜』は民材では希少な『樹齢70年』ものです。
寒暖の差が厳しい環境下で生育するため成長が遅く、年輪の密度が高いため狂いも少なく、強く美しい最高級材となります。

職人のこだわり

職人のこだわり

東濃檜の里『岐阜県の白川町』から運ばれた木材は、この『職人達』の手により、『建物』へと姿を変えます。 その材は生きています。それを見極めるのが『職人の技』。長年木と生きてきた職人だから出来る事です。職人達は一本一本の木材の状態を確認しながら、その個性を生かし、木に命を込めていきます。そして木は「東濃檜の家」へ形を変え、住む人と共にさらに生き続けます。 私たちはそんなハンドメイドな家づくりに、こだわり続けたいと考えています。

首都圏住宅コープへの資料のご請求やお問い合わせ、お見積のご依頼はこちら
首都圏住宅コープの家づくり
地震に強い家づくり
完成までの流れ
地球にやさしい 人にやさしい
注文住宅
お客様の声
坪単価のカラクリ
  • 首都圏住宅コープの家づくり
  • 知らないと損をする!坪単価のカラクリ
  • 見て触れて納得!モデルハウス情報
  • スタッフブログ
拘り